スポンサーリンク
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラなんてスマホがあればいらないんじゃないか

Canon EOS Kiss X8i ダブルズームキットを買いました。

 

最初はNIKONのD5500を購入予定でしたが、実際の物を見て、価格と使い勝手などなどを検討した結果、最終的にCanonに決めました。

 

決め手は

・使いやすさ

オートフォーカスの機能差

この3点です。

その他にも機能の差などは細かく違うが、だいたい出来ることは同じで、勝敗を決める要素というのはあまりありません。

具体的な二つの機能の違いを知りたければ、ヤマダ電機ビックカメラなどの量販店の販売員に聞いた方が良いと思います。

痒い所に手が届くという感じで、わからないこと、注意点を詳しく教えてくれます。

ただし、聴けば聞くほど購入欲は高くなるので、覚悟の上で聞きましょう。

また、価格についてはネットで購入したほうが安いとは思いますが、購入後のサポートはやはり量販店に一日の長があると感じます。

 

さて、購入の決め手となった2点について、詳しく述べようと思います。

 

まずは、使いやすさについて

始めに断っておきますが、NIKONの一眼レフが使いづらいというわけでは無いです。

販売員の話では、簡単にいうと、NIKONは玄人向け、Canonは初心者に優しい。

との事です。

私は、初心者だったので、Canonの方が良いと感じた。という程度です。ただし、その程度ですが、今の私には大きな要素です。

具体的には、液晶画面の周りにあるボタンのアイコン。これはCanonの方がより素人目に直感が働きやすいと感じます。そして、主要機能のボタンが液晶画面の周りに集約されているので、ぱっと見わかりやすい構成になっています。

それに対して、NIKONは連写ボタンが、望遠レンズの付け根付近、要は正面に取り付けられています。

これは、一眼レフを使い慣れている人にとっては、使いやすい配置であるとの事です。

また、液晶画面周りのボタンのアイコンも、何の機能が何となくわからない。

と個人的には感じました。

これは、慣れてしまえば大した問題では無いと思いますが、直近に迫る運動会に向けて、カメラを使い慣れるまでの期間などを考えると、Canonの方がより難易度は低い。と判断しました。

あくまでも、私個人の意見であり、昔からNIKONを使っている人や、より使いこなしていけば、NIKONの方が使いやすいかもしれない。という可能性は多分に考えられます。

 

続いてオートフォーカス機能

これは、センサーの機能の問題です。

NIKONは39点のオートフォーカスシステムで、Canonは19点。ピントを合わせるための基準となるポイントの数だと思います。細かい方がよりピントを早く合わせてくれると思っていて、NIKONの方が圧倒的に優秀です。

これが、当初NIKONにしようとしていた主な理由だったのですが、、、

販売員の話を聞くと、 機能として、NIKONの方がピントを合わせるのは早い。

ただし、ピントを合わせるための望遠レンズの動作はCanonの方が早いとの事。

要するに、指令を出す側の反応はNIKONの方がうえだが、その指令を受けてピントを合わせるレンズ側の動きはCanonの方が早いので、どちらもあまり違いがない。というか、今出ている製品ではCanonの方が上。との事。

という話を聞き、どの程度Canonが優れているか、定量的な比較をしたわけではありませんが、Canonの方が良いのでは。。という気持ちが強くなっていきました。

 

価格も予算内だったので、安くはないけど、購入を決めました。

 

取り敢えず、自宅でテストショットも問題なく取れ、Wi-Fi経由での印刷も成功。一通りのセットアップの完了しました。

 

これまで、スマホ撮影でも、問題ないと思っていたのだけど、一眼レフはやはり違いますね。

 

カシャッというシャッター音がなんか良い🎶

色々撮影したくなるカメラ小僧の気持ちが少し理解できるような。。。

いや、やっぱりわからないな。

でも、子供の寝室で真っ暗な中フラッシュ焚いて撮った写真には本当にビックリ。部屋は真っ暗なのに、真昼のような明るさで隅々まで鮮明に写ります。

スマホと比べると歴然の差ですね。

高い買い物だけど、買ってよかったと思ってます。

 f:id:thori:20161002111526j:image

f:id:thori:20161002111531j:image

これ!!

これ一眼レフで取れれば良いのだけど、さすがに自分自身は取れないので、スマホで撮影。。

 

NIKON一眼レフカメラとの撮り比べはできないけど、スマホとの撮り比べしたらまたアップしようと思います。

 



スポンサーリンク