スポンサーリンク
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島カープ緒方監督の秘策

スポーツ

初戦はカープ圧勝

 

10/22開幕の日本シリーズ第一戦は広島カープの5-1で圧勝に終わった。

先制点は2回の裏、ワンアウト1,3塁。石原の三振の間にディレイドスチールで先制点を奪取。

 

これは、経験の浅い大谷投手の心を揺さぶる、緒方監督の巧みな心理作戦がハマった形となったのだと思う。

 

大物投手と騒がれているとはいえ、まだプロ3年目の若手投手。

ベテラン投手を差し置いて日本シリーズ第一戦を任されたプレッシャーを逆手にとって、イニングの早いタイミングで、心理的な揺さぶりをかけることに成功したことが、今日の勝因ではないかと思う。

 

偶然?計画的?

その機会は予定通りか偶然か、2回という早いタイミングでやってきた。

ランナー1,3塁でなければ、成立しない。

そして、バッターは投手心理に巧みな石原。

このシチュエーションが無ければ、得点はなかったのではないか。

キャッチャーの牽制ミスが先制点の原因ではあるが、それを誘ったのは石原の三振後のボディーバランスにあった。

三振の後、身体をベース側に倒れこむように踏み出したことで。キャッチャーの視界を狭くした。それが制球ミスにつながり、日本ハムの動揺を生み、得点につながった。

 

意外な失点ではあるが、選手の動揺は大きく、その後の試合展開に大きな影響を与える出来事となり、結果広島カープの圧勝に繋がっている。

 

大谷投手が先発でなければ・・・

石原がバッターボックスに入る時にランナー1,3塁でなければ・・・

広島カープのホームスタジアムでなければ・・・

などなどの偶然が重なった先制点だが、明日以降の戦いに大きな影響を与えることになるに違いない。

 

 



スポンサーリンク