スポンサーリンク

例外と言う名の逸脱。5段階評価で0点

長男の学校で国語の音読テストがあった。

評価は五段階で行われるらしい。

そこそこに音読の練習をして、テストの日を迎えた。

 

まぁ、そんなに感情込めて音読するのは上手くないから、5段階中2か良くて3だろう。さすがに1はないだろう。。

と思っていた。

 

子供が帰ってきて、評価を聞いたところ、

『ゼロ点だった』

との返答。

ゼロ???その返答に強い違和感を覚え、再度聞き返した。

『ん?何点?ゼロ??』

『うん、ゼロ』

・・・

なぜ?なぜゼロ??五段階だよな。。と思い、

『五段階だよね?0から4点?』

『ううん、1から5点』

・・・だよな。、なぜ?なぜ、ゼロ点?

と思い、評価の紙を見せてもらった。

f:id:thori:20161203212744j:image

こんな感じだった。

・・・五段階評価の1点を敢えて取り消ししてゼロを付ける。。。なんと言う斬新な・・・

 

でも、これ良いのか?そんなに音読ダメだったのか・・・

でも、五段階評価をワザワザ0点付けるのってなんか酷くないか???

 

なんかさ、先生なら何しても良いのかね?

もともと定められたルールを先生一人の裁量で破ってしまう。

生徒はそれをどう感じるのか考えたことあるのかね?

職権乱用としか思えない、教育上よろしくないと感じるのは1点よりさらに低く評価されたからで、5点を取り消しして10点としていたのならそうは思わないか。

いやいや、それはそうだけど子供は褒めて育てるが基本なはずなのに、定められた最低点を先生の裁量でさらに下げるのは間違っている?

ここで断固抗議させて頂く???

 

 



スポンサーリンク